今井 真  

公職・資格

大阪府医師会 府医ニュース編集委員
大阪府医師会 在宅医療コーディネータ
大阪府内科医会 理事
大阪狭山市医師会 理事
 地域医療・保健・環境担当理事
 広報・マスコミ担当理事
  以下も担当
 (介護保険・高齢・障害)
 (学校保健・予防接種)
 (学術研修)
 (臨床研修・健康教育・保険対策・治験)
大阪狭山市 介護認定審査会委員
大阪狭山市 予防接種検討委員会委員

日本医師会認定 産業医
日本内科学会認定 内科認定医
日本循環器学会認定 循環器専門医

トーテムポール


画像右回り込み

略歴

1989年 大阪教育大学附属高校天王寺校舎卒業
1996年 大阪医科大学卒業
1996年 大阪医科大学付属病院第3内科入局
2002年 Henry Ford Hospital      Cardiovascular Research
2005年 大阪医科大学総合内科助手
2006年 関西電力病院循環器内科
2009年 今井医院勤務
2015年 今井医院理事長・3代目院長継承

メディアなど

大阪府医師会 執筆コラム(本日休診:月一回更新)
(キーワード検索にて「(真)」と入力ください)
睡眠関連疾患とプライマリ・ケア

目指す医療態度

  •  心構え
    初代から伝わる「余裕あらしめよ」の精神を失うことなく、自身が心身ともに健康で、そして、患者さんには、「医は仁術なり」の精神で接するように心がけます。
  •  実践
    二代目が常に言う「病気だけでなく患者さんの家族背景環境まで把握せよ」という言葉に基づき、医学データだけにふりまわされない全人的医療に専念します。

研究領域は心不全の病態、治療

主な論文 英文原著(筆頭著者のみ)

Therapy with cardiac contractility modulation electrical signals improves left ventricular function and remodeling in dogs with chronic heart failure.

CVT-4325 inhibits myocardial fatty acid uptake and improves left ventricular systolic function without increasing myocardial oxygen consumption in dogs with chronic heart failure.

Genomic heterogeneity of type II CD36 deficiency.